LGBTsという生き方 手塚弥生さん インタビュー

こんにちは はみだしぶろぐ(@hamidasiblog)です。

今回は、特別企画としてインタビュー記事を投稿します。

インタビューした方は手塚弥生てづかやよい)さんです。

てづかやよいのプロフィール

プロマイノリティ/LGBTsコミュニケーター&ボイスアーティスト

2015年に新卒で入社した大手美容系企業を退職後、転職内定先を辞退しフリーランスに。
2016年に自分と同じ女性と公正証書にて結婚。セクシャルマイノリティとしての人生を満喫。
世の中の”アタリマエ”に合わせた生き方ではなく、マイノリティでも”自分の好きな道を生きる方法”を発信しています。
LGBTsとストレートの間のグラデーションな存在、架け橋のような存在と認識したことからLGBTsコミュニケーターと名乗るように。
2017年からは、歌、トーク、文章、演奏、ダンス、あらゆる方法で自分の中から湧き出た魂の声を表現するボイスアーティストとしての活動も開始する

公式ブログ

弥生的マイノリティ人生論

詳細プロフィール

 

外部媒体での記事

LGBT同性カップルに聞いた、ふたりの選んだ「結婚」の形

 

 


インタビュー開始します

同性婚のエピソード

Q.公正証書(練馬区初)で同性婚をした。その中身とは?

準婚姻合意契約公正証書」と「任意後見契約公正証書」(私が乙のもの)(妻が乙のもの)2通を自分で作成しました。
これを妻と作ったことで結婚としました。
Q.公正証書で同性婚する時に、苦労したことは?
もともとはLGBTにフレンドリーさをうたうホームページのある行政書士さんに相談に行ったら、「本当にいらっしゃるんですね」と言われました。
前例がない。(やったことがない)と感じました。

費用がベースで9万円、
「準婚姻合意契約公正証書」と「任意後見契約公正証書」(私が乙のもの)(妻が乙のもの)の2通 計3通で15万
合計24万ぐらいかかるといわれ、作ったことない人にお金を払いたくないなと思いました。

普通、結婚したいだけなら戸籍謄本を出すだけなので400円くらいで済みます。

作成にかかった時間は約3ヶ月です。
結婚日12/20と決めていたので、逆算して動き出しました。
1ヶ月くらい妻と話して私が文書におこし、その後1ヶ月くらい公正役場とやりとりをして仕上げました。

交際にいたるエピソード

Q.交際0日でプロポーズされた時の、素直な感想は?

もともとは仕事の関連で以前に知り合っていた関係でした。
4月に再開して、バーで飲んでいた時にその日の30分くらいで「ママ、私この人と結婚するから」と言われました。

その瞬間は「結婚したいだけ詐欺」だと思いました(笑)。

 

Q.今の妻を信頼できるようになったエピソード

今の妻と出会った当時、付き合っていた彼女と2年半くらい付き合っており、別れる別れないを月に2回くらい繰り返していました。
妻に「弥生ちゃんが、ちゃんとするまで会わないよ」と言われました。
その結果、同居していた前の彼女に「家をなるべく早く出て行って欲しい」と伝えたらすぐ出て行ってくれて、長かった前の彼女とのくされ縁を断ち切ってくれたメシアのように感じました。
そこで信頼できるようになりました。

 

手塚さんにとってお金とは

最近は仲良くなれるような気がしてきた。

 

昔はお金の力すごく怖かった

  1. 幼少期に両親が離婚。養育費をもらいに行くために父親に会わないといけないという感覚
  2. 高校が私立でお金がかかる。父親が学費を払ってくれていたが、母が父に「次の学費はいくらよ」と伝える時の心配そうな顔を見ていた。
  3. 大学3年の時、家にお金を入れるためや、母にお金をもらいたくないためキャバクラを始めた。月に40万くらい稼いでいたが、その当時はいやでしょうがなかった。

その3つの経験からお金の力の怖さを知りました。

社会人になって

会社員時代のエピソード

新入社員がすぐやめてしまう環境。中途採用が多い会社で、年功序列順では常に下。
社長表彰をもらうほどの成果をだしても、給料に大きく反映されないことが不満でした。

転職活動をし、実際に内定を2社もらったが、会社員は自分に合わないと思い、フリーランスを目指しました。

フリーランス時代のエピソード

LGBTの団体はボランティア団体が多いのですが、内容がヘビーで不満が溜まっていくんです。

私としてはLGBTコミュニケータとしてちゃんと、対価を支払ってもらえるシステムを作りたかったんです。
当初はLGBT関連の記事を書いたり、無料のトークイベントに出たりしてましたが、3ヶ月目にLGBT関連のラジオパーソナリティの仕事が決まり、肩書き・社会的信用ができました。

≪GLoBaL’T Rainbow サマリヤ L-channel≫番組詳細
LGBTをテーマに当事者や支援者など個性的なゲストを迎えて、レズビアンのMC 2人がトークLIVEをお届け!
ゲストの活動やライフスタイルを通し『自分らしく輝いて生きる』為のメッセージを発信していく番組です。
毎月第三月曜日の19:00~19:50
下記URLを押すだけで、全国どこにいても見ることができます♪
http://shibuyacrossfm.jp/

 

 

発信者になるきっかけ

当初、情報発信に怖さがありました。
会社員時代にSNS発信を監視されていました。
ブログを始めたのですが、当初は年間5本しか発信できなかったんです。

一番大きなきっかけは3月に笠松拓也さんの主催するライフスタイル・ビジネスカレッジのコンサル150万円)を受けたことです。

そこで発信者になる覚悟が決まりました。
SNS発信やブログで発信することに抵抗がなくなったんです。

 

初セッションの感想

初セッションに参加された方が、昔の自分の境遇に似ていました。
その方は、まだお金をとるセッションの経験がない私の募集にすぐ申し込んでくれて、すごい覚悟を感じました。
やってよかったと思えた瞬間でした。

お互い時間お金をかけて本気で向き合ったときに、決め事ができました。

今の活動に近いので、そのクオリティを上げること。
ハワイが好きなので、住むこと。もしくは行くことを自由にすること。

活動を通しての当面の目標

「月7桁稼ぐ」
お金がすべてだとは思ってませんが、お金がある怖さもない怖さを知っています
よく人は「お金じゃないよね」と言うが、そういう人はお金を稼いだことがない人の意見だと思っています。
決めたことがいくつかありますが、その中で一番大きいのは「月7桁稼ぐ」です

 


インタビューは以上です。

非常に有意義な時間をすごせ、いい刺激をもらえました。

お互い発信者として切磋琢磨していけたらと思っています。

このインタビューの裏話

僕が手塚さんに興味・インタビューをしたいと思ったきっかけは4/24日の深夜4時のツイート。

1ヶ月の前後の痩せる変化をアイコンとしたTwitterの↓のつぶやき。それをきっかけにインタビューのアポをとることを決意しました。

 

それでは

プロフィール&無料カウンセリング紹介
初めまして、はみだしぶろぐ(@hamidasiblog)です。 ブログタイトルや副題に込めた思いや、プロフィールを紹介と思いま...
free-counseling
当ブログの管理人の小川(@hamidasiblog)と申します。 以下にYouTubeに音声によるこのカウンセリングの説明をのせて...

line@を登録する

ココロの病気と人生お悩み相談(無料FaceBookグループ)

関連記事

YouTuberの由妃 束早さんがテレビデビューしていた話

ブロガーが集うひみつきち Cafe & Bar ぺーたーずにいったらYo...