買ってよかったと思えるスマートウォッチ 『Withings Steel HR』 長期使用レビュー

Withings スマートウォッチ Steel HR 36mm ブラック 【日本正規代理店品】 HWA03-Black36-Asia

お題「腕時計」

発売日当日に手に入れて、約1ヶ月半。
心拍測定機能付きなのにバッテリーの持ちがよい(公称値:25日)ことがウリの一つであるスマートウォッチ『Withings Steel HR』についてレビューしたいと思います。

目次

外観写真

f:id:tinger02:20170307070503j:plain 正面

f:id:tinger02:20170307070512j:plain 裏側

f:id:tinger02:20170307070529j:plain 側面

f:id:tinger02:20170307070543j:plain 装着状態

充電の持ちがやけにいい

バッテリーの減りが本当に少ないです。それに加え充電にかかる時間がかなり短いです。

バッテリーはほんと長く持ちます。12日使って50%くらいは残ってます。
充電にかかる時間を、実際に測ってみましたが50%から90%までは約30分 100%までには約45分かかりました。

僕自身はバッテリーが50%以下になったら入浴の時間に充電すると決めてます。
頻度は公称値に近く約12日に1度程度です。

睡眠時間の測定が自動かつ正確

心拍測定機能が付いているメリットの一つです。
寝ている間って、心拍数が下がるんです。寝た時間の測定にも心拍のデータを使っているので、心拍測定機能がない機種に比べ正確性・信憑性が増してます。

やっぱりデザインがいい

やはりデザインがいいです。少なくとも一見スマートウォッチには見えません。
フォーマルな場でも十分通用するおしゃれな時計です。
ただ、正直ベルトはシリコン製でチープで高級感はありません。
しかし、幅18mmの交換ベルトと交換できるので、ある意味ではベルトを変えることにより、自分オリジナルの時計に仕上がります。
このような交換ベルトに変更することをオススメします。

その他の機能

通知が便利

スマートウィッチとしては当たり前の機能かもしれませんが、電話やメールが来たとき時計がバイブレーションして通知してくれる機能があります。
たとえば、
・マナーモードにしていてカバン等にスマホを入れていて着信に気づかない
・家にいるとき寝室でスマホを充電してて、居間にいて着信に気づかない
みなさんこの様なときないですか?
こんな場合でも、腕の時計がバイブレーションして通知してくれるので気づけるのです。

活動計として

心拍計が付いているのですが、運動をして、心拍数が上がると自動的に、心拍数の測定間隔を短くして精度を上げる仕組みになってます。
僕はこの時計をつけて卓球をやってみたのですが、何時から何時までプレイしたか丸わかりでした。
もちろんその時の運動負荷や心拍数もスマホ経由でみることができます。

リアルタイムの心拍をみることができる

通常の時計のリューズの位置にボタンがあります。
ボタンを押すと
日付→時間→心拍数→歩数→歩いた距離→アラーム0N/0FF→バッテリー残量
の順で表示されます。

特にリアルタイムの心拍をみることにより、
今自分が怒っているな⇒心拍が上がっている
冷静でいるな⇒心拍が低く安定している
などがわかります。

他のスマートウォッチと比較しての優位性のまとめ

・心拍測定機能付きの活動計の他のスマートウォッチでは、最もバッテリー駆動が長いものでも公称値5日間のFitbit
⇒圧倒的なロングライフバッテリー

・デザインの良さ

・心拍計に裏付けられた睡眠計、活動計としての基本性能・精度の高さ


Withingsブランドの消滅

実はWithings社はNokiaに買収されており、ブランド自体が消滅することが発表されております。
もちろんサポート等は継続して行われますが。

wired.jp

japanese.engadget.com

おそらくWithingsブランドとしての最後の商品になるでしょう。
そして、この時計 2016年9月の中旬に発表されながら、なかなか発売されず,手元に届いたのが2017年1月中旬

製品発表からの発売の遅れが間違いなくあったのですが、
僕は『Withings』ブランド最後の製品としてしっかり作り込もうとする、エンジニアとしての気概みたいなものを感じます。

それほど完成度が高い商品です。

Withingsの製品には体重計も使用しており個人的にブランド消滅は大変残念です。
その分、自分としては、このスマートウォッチを長く愛用していこうと思っています。

Withings スマートウォッチ Steel HR 36mm ブラック 【日本正規代理店品】 HWA03-Black36-Asia

 

過去記事

www.hamidasiblog.com

www.hamidasiblog.com

ABOUTこの記事をかいた人

うつで2度の休職を経験後、3年ほどは就労できていたが、追突事故にあい、うつが再発、再度休職し、首には後遺障害が残存したが保険金は弁護士基準でゲットした♪ ブログでは「精神障がい者が人生を豊かにするブログ」をテーマに精神疾患に関する情報を発信。無料オンラインサロン主催