スポンサードリンク

小川(@hamidasiblog)です。

Googleが新たなモバイルサイトの診断ツール「Test My Site」を公開していました。

ということで測定してみたら
読み込み11秒 要改善
とダメ出しを受けました。

そこから改善魂に火がつきいろいろな手段を試し
読み込み4秒 良好
まで引き上げました

そこまでの手順をまとめます。

 

スポンサードリンク

現状を把握する

サイトの速度を測定するサイトは複数あります。

これが代表的なものです。

PageSpeed Insights

その他にもこのような以下のようなサイトがあります。

Pingdom Website Speed Test

GTmetrix

以下がGoogleが新たなモバイルサイトの診断ツールです。

Test My Site

 

 

改善策

サーバーの応答時間を短縮する

Mixhostエコノミー
→Mixhostスタンダード
にプランを引き上げました。

Mixhostエコノミー:容量 SSD 10GB 1vCPU / 512MBメモリ

Mixhostスタンダード:容量 SSD 20GB 2vCPU / 1GBメモリ

圧縮を有効にする・ブラウザのキャッシュを活用する

以下のサイトが詳しいです

WordPressを高速化!PageSpeed Insightsで高得点を目指す方法

.htaccessの編集

MixhostではCpanelのファイルマネージャーから.htaccessの編集できました。
.htaccessは不可視ファイルなので、ファイルマネージャーの右腕の「設定」をクリックして「非表示のファイルの表示 (dotfiles)」にチェックを入れる必要があります。

phpをのヴァージョン7.1にあげる・phpでファイル上限アップ

サイトの最適化を有効にする

以下のサイトが参考になります。

これは必須!mixhostを使い始めたらやらなきゃいけない4つのこと

LiteSpeed Cacheを使用して高速化する

WordPressでLiteSpeed Cacheを使用して高速化する方法

このがLiteSpeed Cacheというプラグインが使えるのがMixHostの強みですね

mixhost

 

画像を圧縮する

アプリ
ImageOptim

プラグイン
EWWW Image Optimizer

 

Search Regexで記事を全てSSL

HTTPS化の際 アドレスがHTTPの記事を検索→置換することができます。

WordPressの記事内を一括変換してくれるSearch Regexの使い方

テーマをSTORKにする

Pingdom Website Speed Testをつかって測定・分析したところ

以前使っていたテーマのPage size が、Webフォントを使っていたため大きかったです。

 

 

スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する

プラグインの干渉が激しかったので諦めました。

 

感想

以上の設定をすることでサイトスピード・読み込みを大幅に改善できました。

サーバーMixHostスタンダードがオススメ

パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事